オメガエイドの効果

MENU

オメガエイドには医薬品のような効果は望めませんが…

オメガエイドは、類似品と比較して、売れ行きが好調のようです。
大企業のサントリーが作っているからなるほど納得なのかもしれませんが、効果のほどは、オメガエイドの多くのユーザーが感じているようです。ここで言う効果は医薬品のような効果ではなく、あくまでも健康補助食品を継続的に摂った時に実感できる違いという意味です。
もともと、オメガエイドはサプリメントなので医薬品のような効果を望むものではありません。
ただ、飲み続ける人が得られる実感に関しては多くの声が寄せられています。

オメガエイドの配合成分はどんな働きをするのか

オメガエイドの主成分は、DHA、EPA、ARAです。
サントリーでは、これら不飽和脂肪酸を「オメガ脂肪酸」と呼び、健康な頭脳を維持する効果を考えた配合比率となっています。
DHAは、血液サラサラ・頭の栄養成分として、今ではおなじみです。
DHAには、細胞膜の浸透性を高める働きがあり、赤血球を柔軟にし、血管細胞をしなやかにします。
DHAで脳神経細胞のしなやかさが増し、脳の働きがアップするという訳です。

 

EPAも血液サラサラ成分として有名で、DHAと同様に青魚に豊富な成分です。
現在では、EPAの働きによる、うつ病や認知症の改善効果に期待が高まり、脚光を浴びてもいます。
DHAとEPAがオメガ3脂肪酸なのに対し、ARAはオメガ6脂肪酸に分類されます。
ARAも血液サラサラ効果の高い成分で、DHAやEPAと並び、(適量であれば)体に良い脂の仲間に入ります。DHA、EPA、ARAは、酸化されやすい弱点をもっていますが、オメガエイドでは、抗酸化成分アスタキサンチンが配合され、脳にきちんと届くのがウリです。

高齢化を向かえ期待されるオメガエイド

オメガエイドは、物忘れがひどくなった……などのユーザーに好評のようですが、高齢化社会を迎えて、期待が高まっているのは、認知症の予防的働きについてでしょう。
認知症の原因は、完全に解明されているとは言えない状況ですが、一番の原因として、脳の血管障害が挙げられます。
逆に考えれば、脳の血流が改善されれば、認知症の予防策となり、頭の健康にも効くということです。
また、オメガ脂肪酸は脳の重要なパーツの原材料にもなっています。
それが不足すれば脳の働きにも影響しますから、サプリで補給するということは、足りない人にとっては大きな実感を及ぼす可能性もあります。

オメガエイドは店舗にありません

DHA、EPA、ARAは酸化しやすい成分だけに、良質な原材料選びや品質管理、製品の酸化対策も重要なポイントです。
その点、充分以上に安心できるのはやっぱりサントリーのオメガエイド
通販限定なので店舗には置いていません
詳細情報はこちらから サントリーオメガエイド購買窓口
※当サイトとは違うドメインの別サイトへリンクしています。