オメガエイドの成分

MENU

オメガエイドの主な成分はオメガ脂肪酸系成分

オメガエイドには、頭の健康維持に欠かせない成分が、バランス良く配合されています。サントリーの30年もの研究成果が結実したもので、完成度は類似品の比ではないでしょう。
オメガエイドの主要な成分は、DHA、EPA、ARAです。DHAとEPAはオメガ3脂肪酸で、ARAはオメガ6脂肪酸の仲間です。
サントリーでは、まとめて「オメガ脂肪酸」と呼称し、頭の栄養素と位置付けています。

脳の神経細胞の膜を作っているDHA、EPA

まず、DHAとは、ドコサヘキサエン酸の略称で、頭を良くする成分として有名です。青魚に多く入っていると発表されるや、イワシやサンマが飛ぶように売れたとかいう逸話があるくらいです。
EPAとは、エイコサペンサエン酸の略称で、こちらも青魚に豊富に入っています。血液を固まりにくくして、血栓症を予防する働きは優秀で、DHAと共同して、脳や血液の健康度をアップさせる上で、オメガエイドには、やはり欠かすことはできない成分です。

脳は人体のなかで最もオメガ6脂肪酸の多い臓器

ARAとは、アラキドン酸の略称ですが、オメガ6系の必須脂肪酸です。
脳はもともと多くの脂肪によって構成されており、その70%が脂肪だといわれます。
中でもオメガ6脂肪酸は脳にとって重要な脂肪成分で、脳は、人体の中で最もオメガ6脂肪酸が多い臓器です。
オメガ6脂肪酸は、肉や卵などに多く入っていて、それらをたっぷり食べていればオッケーなのですが、オメガエイドが必要な世代は、年を重ねて小食になることが多く、加えて肉や卵の消費が減少する傾向があるので、ARAを特別に配合することには、大きな意義があると言えます。

『三銃士』の弱点をサポートするアスタキサンチン

デュマの『三銃士』よろしく、これら3大成分は、心身の健康維持に大きな力を発揮してくれます。
ただ、どれも、酸化に弱い性質があり、ダルタニャン的な成分が必要です。それが、オメガエイドでは、アスタキサンチンになるのです。
アスタキサンチンは、美肌成分として有名ですが、強力な抗酸化物質でもあります。酸化に弱いDHA、EPA、ARAをガードし、損なうことなく脳にまで届けてくれます。

オメガエイドは店舗にありません

DHA、EPA、ARAは酸化しやすい成分だけに、良質な原材料選びや品質管理、製品の酸化対策も重要なポイントです。
その点、充分以上に安心できるのはやっぱりサントリーのオメガエイド
通販限定なので店舗には置いていません
詳細情報はこちらから サントリーオメガエイド購買窓口
※当サイトとは違うドメインの別サイトへリンクしています。

関連ページ

オメガエイドのCM
オメガエイドのCMはいろいろなメディアで公開されていますが「新☆健考発見!ぐるり旅」という動画が分かりやすいかも。
オメガエイドを楽天で
オメガエイドは楽天でも入手することができます。ただ、それはサントリー直営店ではありません。
サントリーオメガエイドとは
サントリーオメガエイドにはDHA・EPA・ARAがバランスよく配合された「うっかり」「おっくう」のためのサプリ。
オメガエイドは店舗で市販されている?
オメガエイドは公式サイトであるサントリーウエルネスで販売されています。通販限定なので一般的な店舗では市販はされていません。
オメガエイド増量キャンペーン
あまり知られていないかもしれませんが、オメガエイドには、「10%増量」というキャンペーンがあります。